社長ブログ

あったかい「お茶」の話

2022.02.25 カテゴリー:暮らし

こんにちは!
染矢建設の染矢忠彦です。

SNSでは梅の画像と共に
「#梅が咲いた」「#もうすぐ春」
こんなハッシュタグを
よく目にするようになりました。

でも…
寒いですよね(>_<)
すごく寒いですよね(ノД`)・゜・。

2月の終わりって
こんなに寒かったでしたっけ?
気候の変化のせいですかっ!?
私の老化のせいですかっ!?
ボウズ頭のせいですかっ!?(゚Д゚!)


なんにせよ季節の変わり目です。
体調管理に気をつけましょうね!


寒い季節においしいといえば
あったかい「緑茶」ですね!

コーヒーや紅茶も美味しいですが
緑茶の身体に沁み渡るカンジ
あれはたまらんですよね。

緑茶のひとくち目は
お風呂に浸かった瞬間の
ホッとするあの感覚を思い出します。

緑茶に含まれる「カテキン」
体に良いというのはよく耳にしますよね。
抗菌作用抗酸化作用があるとか…

ただ、カフェインを多く含むので
飲み過ぎは良くないなんて話も聞きますし…

ということで、ちょっと調べてみました!

よく飲食店で出される「ほうじ茶」
香ばしくて美味しいですよね!

「ほうじ茶」と「緑茶」
茶葉は全く同じものです。

ほうじ茶は緑茶の葉を焙煎したもので
強火で焙煎することにより
カフェインが少なくなっていて
緑茶よりも胃に優しいのだそうです。

飲食店でよく食後に出てくるのは
こういう理由からだったんですね。

さらに、ほうじ茶にはリラックス効果の高い
「テアニン」という
成分が多く含まれ
疲労回復の効果も期待できるのだそうです。

なので、夜寝る前にほうじ茶を飲むと
リラックス効果で
ぐっすり熟睡もできるし
疲労回復効果ですっきり目覚められるみたいですよ!


日中は「緑茶」でシャキっとして
夜は「ほうじ茶」でリラックス(´-ω-`)
上手に摂り入れていきたいですね。

それではまた!

アローズホームのSNS・アプリはこちら!