社長ブログ

新じゃが!新玉ねぎ!

2022.04.22 カテゴリー:暮らし

こんにちは!
染矢建設の染矢忠彦です。

最近、22時頃には眠くなり
「よく寝たなぁ」と目覚めると
まだ夜中の1時過ぎなんてことを
繰り返しています。

「春眠暁を覚えず」と
昔の人は言いました。

「春の眠りは心地よくて
明け方になったのも気づかず
つい寝過ごしてしまう」

確かこんな意味でしたよね?

じゃあ、なぜに夜中に
目覚めてしまうのでしょうか…
歳のせいですかぁぁぁっ(ノД`)・゜・。

ショートスリーパーになったのだと
思いこむようにしてますけどね(#^^#)


さて、今回は
旬のおいしい食べ物の話です。

春と言えば「新○○」
名前に新の付く野菜がたくさん
店頭に並びますね。

ついついカゴに入れて
大量に買ってしまいます。

自分が特に好きなのは
「新じゃが」「新玉ねぎ」です。

「新じゃが」を丸ごとふかして
バターと塩で食べる!

「新玉ねぎ」を薄くスライスして
おかかとポン酢をかけて食べる!

めちゃ美味しいですよね(#^^#)

『新じゃが』には
ビタミンB1、ビタミンC
カリウム、ナイアシンなどの
栄養素が豊富に含まれています。

特にビタミンCが豊富で
この時期のジャガイモには
レモンに匹敵するほどの
ビタミンCが含まれているそうです!

ビタミンって
果物とか緑の野菜って
勝手にイメージしてました。

ジャガイモって
あんまりビタミンのイメージは
無いですよね。
「ザ・炭水化物!」
みたいにイメージしてました。

新じゃがはしっかり洗えば
皮をむかずに食べられるので
普段は摂りづらい皮近くの栄養素も
しっかり摂れるのが良いですよね!

『新玉ねぎ』には
ビタミンB1、B2、ビタミンC
硫化アリル、ケルセチンなどの
栄養素が豊富に含まれています。

特に硫化アリルには
血液をサラサラにする効果があり
動脈硬化や心臓病の予防にも
効果的なんだそうです。

あまり聞きなれない
「ケルセチン」ですが
ケルセチンはポリフェノールの一種で
強い抗酸化作用があるので
生活習慣病の予防や改善効果が
期待できるそうです。

玉ねぎはスライスしたものを
辛みを抑えるために
水にさらして使いがちですが
水にさらすと、どうしても
栄養素が溶けだしてしまいます。

新玉ねぎは辛みが少ないので
水にさらす必要もなく
栄養素を逃すことなく摂れるのも
良いところですね!

「初ものを食えば七十五日生きのびる」
なんて昔の人は言いました。

美味しくて体にも良い旬の食材。
すすんで摂り入れたいものですね!

アローズホームのSNS・アプリはこちら!