社長ブログ

それって本当にお得??

2021.07.13 カテゴリー:マネー講座, 家づくり

こんにちは!
染矢建設の染矢忠彦です。

今日は「それって本当にお得?」
そんなテーマでお話ししますね!


例えば…
1つ400円の商品が2つ必要になって買い物に行ったところ
「3つで1000円!」という特価売りをしていたら
思わずその割安感に飛びついてしまいませんか?

でも…
余分に買ったもう1つをずっと使わなかった場合
それは200円の損失でしかないんですよね。

また、同じ食品でも
お店によって価格設定が違いますし
日によって価格設定が違うこともあるため
少しでもお得に買い物をしようと
わざわざお店をハシゴしてしまうことはないでしょうか?

しかし、その場合も
100円お得な買い物をするために
100円以上ガソリンを余分に使ってしまったとしたら
決してお得な買い物をしたとは言えないですよね?

このような価格のトリック
私たちの冷静な判断力を鈍らせてしまいます。

家づくりにおいても
同じような価格のトリックが存在し
私たちの冷静な判断力を鈍らせて
逆に高い買い物をさせてしまうのです。

 

例えば
延床面積以外は全く同じ条件で建てると仮定して…

「中庭がある延床面積25坪の平屋」を建てるとすると…
その家の坪単価は、消費税込みの引渡し価格で
約70〜75万円になります。

「中庭がある延床面積30坪の平屋」を建てるとすると…
その家の坪単価は、消費税込みの引き渡し価格で
約65〜70万円となります。

延床面積30坪の方が25坪よりも
5万円ほど坪単価が安くなります。

 

つまり坪単価は
家の面積が小さくなればなるほど割高となり
家の面積が大きくなればなるほど割安となるのです。

けれど、坪単価に判断の比重を置いてしまうと
大切なことを見落としてしまいやすくなります。

25坪の家は、坪単価は70万円するけれども
家の「総額」は1750万円です。

それに対して
30坪の家は、坪単価は65万円で
25坪の家に比べて5万円安くなるけれども
家の「総額」は1950万円です。

つまり
30坪の家は25坪の家に比べて
「総額」は200万円高くなるのです。

 

あなたが家に掛けられる予算が1800万円だとしたら
あるいは、あなたにとって充分な広さが25坪だとしたら
わざわざ予算を上げてまで
家を大きくすべきではありません。

 

もし200万円予算が上がったとしたら
そして、その上がった予算を住宅ローンで賄うとしたら
さらに金利が加わることになるので
必要な予算は240万円も上がります。

そして、これはつまり
あなたが家以外のことに自由に使えるお金が
240万円減ったということでもあります。

 

また、割安感とは違う話になりますが
土地に関しても、無駄に広い土地を
購入するべきではありません。

というのも
あなたにとってちょうどいい土地の広さが
30坪であるにもかかわらず
ただ広い方が良さそうだという理由で
40坪の土地を買ってしまったとしたら
その10坪分出費が増えてしまうからです。

もし坪単価が20万円だとしたら
予算が200万円アップしてしまうことになるし
金利まで含めると
予算が240万円アップしてしまうことになります。

しかも
土地の場合は、その増えた面積分だけ
『庭』の工事予算までもアップしてしまいます。

その上、家が大きくなれば
その分だけ電気代も高くなりますし
家も土地も広くなった分
固定資産税も高くなってしまうことになります。

つまり、イニシャルコストだけじゃなく
生涯払い続ける「光熱費」と「税金」
この2つのランニングコストまでも
高くなってしまうというわけです。

家づくりをする時は
どうしても金銭感覚が麻痺してしまいますし
かつ、家づくりにかける強い想いが勝ってしまうため
いとも簡単に予算を上げてしまいます。

ですが、その上がってしまった
予算のしわ寄せは、遅かれ早かれ
確実にその後の暮らしにのし掛かってきます。

ですから、目先の割安感に惑わされないよう
また、金銭感覚が麻痺しないよう
常に冷静に予算とのバランスを見ながら
家づくりを進めてくださいね。

それではまた!

アローズホームのSNS・アプリはこちら!