社長ブログ

続報】ウッドショック 9月最新情報 

2021.09.07 カテゴリー:お知らせ, 建築業界

4月~8月と報告させていただきましたとおり
建築市場での材木不足&価格高騰による
「ウッドショック」の深刻度は日を追うごとに増して

悪化の一途をたどっております

ウッドショックの概要は
4月の内容と重複するので割愛いたしますが
弊社における2021年9月現在の状況
ご報告させていただきますので
情報を共有くださるようお願い申し上げます。

※ウッドショックの概要と経緯につきましては
4月13日付『材木の品薄・価格高騰の異常事態』
5月13日付『続報】ウッドショック 5月最新情報』
6月2日付『続報】ウッドショック 6月最新情報』
7月2日付『続報】 ウッドショック7月最新情報』
8月2日付『続報】 ウッドショック8月最新情報』

こちらのブログをご参照くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★建築材木は大きく分けて3つに分類されます。
①構造材(柱や梁、土台など)
②羽柄材(造作材や下地材)
③平物(ベニヤや合板)

ほんの一例ではございますが
弊社で使用している材木の
価格の変動を記載いたします。

■4月からの材木価格の推移

①構造材
・柱は国産材の桧を使用
一丁あたりの価格は
5月時点:19%up⤴
6月時点:53%up⤴
7月時点:106%up⤴
8月時点:114up

9月時点:121%up⤴

②羽柄材
・タルキは国産材の赤松を使用
一束あたりの価格は
5月時点:29%up⤴
6月時点:53%up⤴
7月時点:69%up⤴
8月時点:74%up⤴
9月時点:74%up⤴

③平物
5月時点:値上げ無し
6月時点:値上げ無し
7月時点:5%up⤴
8月時点:12%up⤴
9月時点:18%up⤴

建物一棟を建築した場合…
(平均的な30坪を基準として)
5月時点:トータルで12万円up⤴
6月時点:トータルで49万円up⤴
7月時点:トータルで74万円up⤴
8月時点:トータルで100万円up⤴

9月時点:トータルで106万円ほど
値上がりをしている状態
です。


◆現在までの経過

・コロナ禍からいち早く立ち直った
中国やアメリカにおいて木材需要が急増
中国にコンテナが集まり
 世界的なコンテナ不足が表面化
・スエズ運河の座礁事故などの影響で物流が滞る
日本に木材が入ってこない
 入ってきても価格が高いという状況が発生

→そもそも日本は安い価格で木材を仕入れ
 なおかつ品質にも厳しかった。
 アメリカや中国は日本よりも高い価格で
 買ってくれるので世界的な木材マーケットの中で
 日本の優先度が下がってしまった


◆今月の特徴

・一時期のように
「どんなに高い値段を払っても調達できない」
 という状況は解消されつつあり
 コストアップさえ了承すれば
 調達はできるようになってきている


※今後の予測
・現在、アメリカの木材相場が下落しており
 価格の天井は見えたように感じられます。
 しかし、最高値で購入した木材が
 日本に輸入されるのはこれからなので
 30坪の住宅であれば120~180万円の
 コストアップが予想されます
 「最終的には200万円を超えてくるのでは」
 という声もあります
アメリカの木材相場がすぐに
 日本向けの価格に直結するかは
 まだしばらく注視が必要です。

こうした見解から、来年の年初加工分から
日本向け価格が下がっていくのではとの
情報も出ています。

・・・・・・・・・・・・・・・

【弊社の現状】
「住宅ローン控除13年」
「すまい給付金」
 これらの対象となるのが
 2021年9月30日契約分までの為

 駆け込み契約が急増中です。

これにより、2022年12月までのお引渡しは
ご予約で全て埋まっております
現時点で「基本設計依頼」をいただいた場合でも
最短で2023年1月のお引渡しとなります

今後も
「迅速かつ広範囲での情報の収集と公開」
「仕入れ先の変更や価格交渉」など
企業努力を怠ることなく
著しく変動する状況を見据えながら模索し
的確な判断の下で最善の対策を打ち立てて
まいります。

また動きがございましたら
随時ご報告させていただきますので
ご確認くださるようお願い申し上げます。

アローズホームのSNS・アプリはこちら!